もう罠にはまらない!クレジットカードの利用法!


sponcord link

もう罠にはまらない!クレジットカードの利用法!

クレジットカードは上手く活用すれば、ポイントやマイレージが貯まり、とってもお得!

ケータイやインターネットのプロバイダー料金、
インターネットの通販、ショッピング。。


クレジットカードで支払うとポイントやマイルがたまり、
そのポイントで商品券がもらえたり、海外旅行に行けたり。。


賢く使えば無駄な手数料を支払わなくてすんだり、
支払いの手続きの短縮になります。


そういったたくさんの利便性をフル活用しているのならいいのですが、
逆に、クレジットカード会社に利益を与えるために使われている人にならないように
十分な知識と自己管理が必要です。


そういったことは、親も学校も教えてくれません。
友達もそうです。お金のことはあまり話したくありません。


クレジットカードを上手く使っている人は意外と少ないのです。


クレジットカードの使いすぎによる自己破産者は日本でも毎年増えています。
アメリカではクレジットカードを作れない人のためのクレジットカードのCMが頻繁に流れています。


お金の使い方をコントロールするすべを私たちは積極的に学ばなくてはなりません。


買い物をするとき、店員さんはあなたの経済状況や給料なんて知りません。
私たちはどんなに欲しいものがあっても、自分の収入に見合ったものしか買えないのです。


収入が低い人は、悲しいですが、
ブランドのバッグなんて見栄で買ってはいけません。


生活と収入に見合った買い物をすることが大切。


どうしても欲しいものがたくさんあるなら、副業をするなり、
キャリアアップを目指すなり、して収入を増やすことを考えるべき。


あてにならない今年の数ヶ月先のボーナスや、
臨時収入を期待して、ボーナス払いやリボ払いを利用するのはやめましょう。


毎月の収入の中から生活に最低限必要な支出を計算し、
残ったお金の半分があなたの毎月のクレジットカードの使用可能額です。

下記は月20万円の手取り収入がある正社員の女性の例です。

クレジットカード利用可能額のグラフ例

上のグラフのうち、通信費(ケータイ・インターネット)はクレジットカードでの引き落としにしておくにしても、それ以外で使えるのは3万円前後。

残りの3万円は急な出費のために残しておくこと。

たとえば、友達や彼の誕生日、結婚式などの準備金にして預金しておくとか、
クレジットカードを使いすぎてしまったときのために残しておくのです。

はっきりいって3万円なんて知らない間につかってしまえる金額。

個人のお金の使い方にもよりますが、
お金は意識しないとあっという間に使ってしまうものです。


まずは、あなたの毎月のお給料と支出を紙に書いてみましょう。
そして、クレジットカードで毎月使える金額をしっかりと把握すること!

そして、毎月どれだけつかったら、生活がきつくなるか?
考えてみましょう。

クレジットカードは支払いの後回しができる便利なカードですが、
支払いはけしてなくなりません。

必ず払う日が来るのです。


どうにかなるだろうという考えで使うのはやめること。


そして、毎月のクレジットカードを使える金額がわかると、
何枚もクレジットカードを持っていても意味がないことに気づくはずです。


生活の必要最低限の支出がいくらというのがはっきりわかると、
自分が使える金額がはっきりするので、是非やってみてください。


あとは誘惑に負けないこと!!


これだけで、クレジットカードを使いすぎるということはなくなるはずです。



もう罠にはまらない!クレジットカードの利用法!